契約して家庭教師を頼む 〜 成績向上の秘訣

main_top_over_navi
main_top

契約して家庭教師を頼む

通常のステップとして、体験授業をうけた後、教師を判断して納得した後に、契約となります。教師派遣センターの場合はセンターと、個人での家庭教師の場合は、その個人と契約することになります。 契約書の様式は大体、同じようにできており、個人の場合でも、雛形に沿った内容で記載されています。契約期間、授業料、解約の場合の解約料の有無、トラブルの際の対処の方法などです。文面をよく見て理解した上で、捺印、署名します。契約書が交わされると、その内容によって両者の責務が発生します。 派遣業者と契約した後でも、消費者を保護するためのクリーニングオフの制度があります。ためらった後、やはり家庭教師の依頼を辞めたいと思ったら、契約した日から数えて8日以内であったら契約の解除は可能です。 8日といえば1週間あまりありますので1度は授業を行っていることになりますので、充分に余裕はあると思います。 トラブルがちになるのは中期での解約です、事情はあれ、双方にとっていいものではありません。その対処の仕方も、知っておかねばなりません。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 成績向上の秘訣 All Rights Reserved.