家庭教師選びは熟慮の上で 〜 成績向上の秘訣

main_top_over_navi
main_top

家庭教師選びは熟慮の上で

家庭教師選びは、慌ててすることではありません。受験勉強は長期の学習の積み重ねであって今日、明日の問題ではないのです。センターから派遣された教師をその場で判断して決める必要は全くありません。少なくても2,3のセンターを選び説明を聞いて、システムを比較した後に決断することです。 契約について、しっかりと理解しておかねばなりません。分からないことは、その場で担当者に説明を求め、解決しておくことが大切です。契約が1年となっていた場合、その期間は、解約できないことになります。こちらの都合で解約した場合、違約金が発生します.これらの説明は小さな字で分かりにくく書かれている場合が多く、充分に理解しておくことです。センターの都合で、解約になった場合、逆に解約金をセンターに請求できるか、問うておくのも必要です。 よく問題になるのは教師の交代についてです。教師の技量がなく教えている内容がわからない、生徒との相性が悪いなどの場合は、学力の向上は望めません。中途の教師交代は、有料になる場合となるのが多いのですが、センター側が誠意を持って解決していく意欲を持っているか、確かめておくことも大事です。説明を受けている段階で、すぐさま契約書を持ち出すようなセンターは、営利主体での業者である可能性があります。はっきりとその場で断ったほうがよいでしょう。
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 成績向上の秘訣 All Rights Reserved.